« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月18日 (月)

その方がよほど建設的だと考えたのだ

今週は世界樹2が出ますね。ネトゲは結構やってるんですがコンシューマは世界樹1以降買っても続かなくて…。
昔のように据え置きのゲームを長くやれなくなったのは、ゲームの質が変わっただけじゃなくって
大作ゲームの他に使う時間が多い、オオトリテエ風に言えばプライオリテエが低くなったのでしょう。

それで今は結果を待つだけのゴールデンロアやってます。てきとうな設定を付けて誰が生き残るか見守るだけのプレイ。

Gr001
初代キャラは魔法使いにしたかったのに何故か剣士になってコボルドごときに殺されてしまいました。

Gr003
名門ポヤンスキー家の名誉回復のため腹違いの妹が親に言われて渋々冒険に出るも半人前で死亡。ここまで単騎プレイ。

Gr004
ポヤンスキー宗家の跡取りが相次いで死亡…宗家との政争に破れ山に追いやられていた分家ポヤンティンの当主が立つ。

Gr005
召使いがポヤンティンの名字なのはおかしいけど養子ということにした。名字増やすの面倒だし…。

Gr006
一方で海へと生息域を伸ばしたポヤンスキー分家は何となくポヤンシー家を名乗り独自の進化を遂げた。投げやり気味。

Gr007
そして田舎では漢王朝の血を引いてるとも知らないポヤントット家の娘が農夫では食えなくなり冒険へ。何人つくる気だ。

愛すべき富野監督の台湾講演がムービー付きで。よくわかる話です。カミーユ。

http://www.4gamer.net/games/043/G004340/20080213051/

大絶賛してないじゃないですか。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/4569698239/ref=dp_image_text_0/250-0748034-7852227?ie=UTF8&n=465392&s=books

流れてた拍手返事…。

>7:44 双葉は船戸明里さんが漫画のスレに来て、漫画を転載するな、とリアルタイムでサイトを閉じて見せるなど 
>7:46 匿名でメール等の手段はなくとも、転載した本人にわからせることができるのでまだいいのかなと思いました。 
>7:48 しかし拍手で双葉に転載されてると言われても、ほとんどの場合見れないので困ってしまうわけですが…。 

船戸明里さんはよく見てるらしいですね。最近はよく知りませんが…。双葉などは時間とともにログが流れていくので
その場に居合わせないと目につかないという点で、流れて既にないものが1次参照元なコピーが残るよりマシなのかも。
http://b.hatena.ne.jp/t/tumblr
「これはひどい」の旬はもう過ぎてしまったっぽいですが、pixivとの違いはpixivは作者の意思でエントリーすること、
作品に対してのコントロールを失わないことなどが決定的な差異だと思います。
色々書きたいこともあったはずなんですが…駒形さんの日記にもイラストなど盗用したグッズのことが書かれてましたね。

http://d.hatena.ne.jp/comag/20080214

「ネットで拾った」「公開されてるものは自由に使ってもいい」的意識の延長にあるリスクについても考えるべきですね。
コンセンサスも形成されてないのにギブアンドテイクというのも一方通行で、片方の視点で完結したがってる意識に危機感。

>11:44 文字色の違いで更新見分けているので、一件一件見てるうちに時々飛ばしちゃってチェック漏れしたりして、そ 
>11:47 れがなんだかくやしいです。というかいつも更新ありがとうございます。絵師リンク中一番すきなセンスです。

ありがとうございます。自分でも飛ばしちゃって「誰だこんな小さい字でリンクしやがって…!」と反省したりします。
すきなセンスというのは最高の褒め言葉です。元々自分が好き系で有名ではない絵描きさんの情報を提供してくれる場が
なかったため、ブックマークを1ページに纏めたのが始まりでした。サイトじゃなく作家名で記憶してるのでリンクも同じに。

>23:45 http://zunzuzun.blog118.fc2.com/らぴさんブログはじめたぽおいですぉ 

ありがとうございます。教えてもらった後リンクさせてもらいました。お礼を言いたかったのに更新遅くてごめんね…。

>3:10 お久しぶりです、サイト改名しますたhttp://www7.ocn.ne.jp/~kizoku 続く→ 
>3:10 http://www7.ocn.ne.jp/~kizoku/index.html アドレス切れてた… 
>3:11 pixivにこっそり参加しています(*'ω`)コンゴトモヨロシク 以上、高尾遼太郎でした 

お久しぶりです!このポルナレフ高尾さんだったのですね。またいつでもIRCにでも遊びに来てください。

>2:27 http://costudio.net/Co_main.htm 紹介されてそうですが…。 

自分でも記憶があったのでぐぐってみたら2003年でした。あの頃と今じゃ更新の密度が全然違う…時間かかるわけだ…!
ありがとうございます。他にもサイトや移転教えてくれる方、kanesadaシティを毎日踏んでくれる方々に感謝を。
もっと早く更新できるように修行します。次は桜の咲く頃にでも…!

続きを読む "その方がよほど建設的だと考えたのだ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

そうでなければこんなネットも、人の住んでいるところも、息苦しくって…

■FRAGILE~さよなら月の廃墟~メルマガ登録で壁紙が。キャラデザはあの氏縄勝之さんなんだろうか。

http://fragile.namco-ch.net/

■ポイズンピンクいまじん特典画像も。

http://www.imagine-group.jp/magicalpack/2007/12/28_1724.php

■ナツノクモ最終巻が出てましたよ。アートギャラリーの絵は1ページ1枚にしてほしかった…。

http://www.s-book.com/plsql/com2_detail?isbn=9784091883971
アフタヌーンで「百舌谷さん逆上する」という新連載も始まったらしい。
あと闇金ウシジマくんとイムリの最新刊も。ウシジマくんのサラリーマンくん編は小堀の立場に胃が痛くなってきます。
イムリは洗脳合戦でクーデター返しみたいな展開の先が読めなくて面白い。世界観など複雑ですが読み応えありますよ。

■富野監督の台湾講演レポートが。1時間で物語や組織や業界やyoutubeニコニコの創作消費形態など語ってブチ殺せ!で締め。

http://d.hatena.ne.jp/nuryouguda/20080129/1201534517
関係ないですが、富野関係でよく見てたこの玖足手帖さんにリンクされててこっそり巡回リンクに入れておいたら相互に。
リンクは全部ありがたいですが、見てるだけで接点がないと思ってたところからだとネット特有の不思議な感動があります。

■アアコさんで思い出しましたがQコちゃん年内再開の可能性があるとか。百三十姉妹長姉AAコの名前の元ねたが監督の奥さん。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~suika-chop/ueda/

▼拍手返事。

>0:12 こんばんは、ブログ拝見しました。絵描きの立場を考えた発言がなかなか目につかないなあ、と思っていたので 
>0:18 のでほっとしました。絵描きの立場や考え方はいろいろだし、なかなか分かりにくいのかな…と思っています。 

リスクマネジメントのお話が最初に出てきたのは、やっぱり絵描きさんの場合なりすましとか怖いですからね。
あとサムネイルと呼ぶには500*700のサイズが大きすぎですね。サイトに置かれるような絵は大抵これに入りますよね。
御年配の方は御存知でしょうが、いにしえの時代には640*480の壁紙もあったんですよ。旧世紀ごろですが。
米国ではどうなのかなとも思いましたが引用の条件も満たしてないですし1次参照元が作者サイトですらないところが多い。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2008/01/30/2546
商業作品のスキャンとか日記にブログパーツみたいに入ってるの見るとクリエティブコモンズとか考えても無駄な気が…。
一休さん的思考実験で2バイト文字に換算して同じ容量の引用を…とかツールの2次配布だったら…等そういう話でもないか。

http://b.hatena.ne.jp/t/tumblr 公開したいというのは確かに承認欲求とかそういうものなのかな。何ででしょうね。

絵描きの人とも話しましたが、やっぱり無断転載は諦めてるしどうしようもないけど、こういう風潮に脱力はするよねと。
もう距離の見えにくい商品のような扱いを感じるという意見に、それが最近感じてた1番の違和感だなぁと思いました。
ネットは距離のなさが特徴ですが、コミュニケーションの楽しさを説く人たちのコミュニケーションの視野に入ってない。
「ないと死んでしまう人間がいることも想像してください」は鋭いギャグと評されてましたが、もう1歩想像しないのか。
前回意見や意識に興味があって…と書きましたが、目の前の同じプレイヤーへの「遠い商品」的一方通行な視線に対して
「猿の惑星やミノタウロスの皿に通じる恐怖を感じる」というのは正直な皮膚感覚だろうなと思いましたよ。

双葉にはまだ人間味があるとかそんな話もありました。面白い流れにとっしーとして絵を描いて参加とかたまに聞きます。
昔のゲームの話題にキャラデザの人が現れて当時の秘話やリクエストされた絵を…ってのも一方通行じゃないからでしょう。
いろんな人がいるので当然全員の考え方じゃないですが、みんなもっと絵描きの人とも一緒に遊べばいいよ!ゲームとか。
転載なんかよりUCガンダムのシール貼ることの方が大事だ!って感じだったり誕生日に絵を描いてくれたりするんだぜ!

>8:18 (URL省略)
>8:19 何か騒動になっている様子です。主張している側の人、絵は上手いなあと思いましたので。

その主張してる方は何度かリンクしてたので巡回中に知りました。2週間くらい前だったかな…。
やはり時間をかけて思い入れも強いとそういうこともあるのでしょう。見物人がジャッジしてよいものかはわかりませんね。

>21:01 http://www.amazon.co.jp/dp/4062145014 
>21:02 講談社BOXの新しい本の、ともひさん表紙絵が。 
>21:02 http://www.amazon.co.jp/dp/034550206X 
>21:03 あと北米版ファウストの表紙が多分竹さんの描き下ろしかな、と思います。 

ありがとうございます。パンドラというのはファウストの後継なのかな…(値段的にも)?
前にファウストで筒井康隆がライトノベル書くという話があった気がするけどどうなったんだろう。
北米版ファウストは西尾維新の名前がちゃんと左右対称っぽいですね。

>23:46 いつもいいサイトに出会わせてもらってありがとうございます。もし発見済みでしたらごめんなさいね!→ 
>23:46 http://irohanihohet.oops.jp/luna/ 
>23:47 →以上です!!!!!これからも見てまーす 

のがるわこさんのところは知ってました。もう1箇所をリンクさせてもらいますありがとうございましたー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »