« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月27日 (火)

面接官「特技はまうまうとありますが?」

■203 users(推定)でした。「この春はゆるふわ愛されまうまうでキメちゃおう☆」か迷いました。

http://pha22.net/hotentry/title/r?word=%E3%81%BE%E3%81%86%E3%81%BE%E3%81%86

■世界樹2クリアしたよ。25階でFOEに追いかけられながら雑魚と戦闘→長引いて乱入に次ぐ乱入…
 という燃えるシチュエーションなのに倒してもFOEは経験値なし、月長石1個だけとかがっかりすぎる。
 ゲームなんてストレスと報酬の匙加減でマゾゲーとかヌルゲーとか作業ゲーとか決まるんだから
 序盤の伸縮する皮といい、経験値0でドロップもまともな物落とさないというのはストレス溜まる。
 FOEは戦っても損なだけだから触らないようにイライラ棒をゴールまで動かしてくださいねって感じで。
 クエストの報酬も消費アイテムじゃ魅力ないから何かの骨とかまだ手に入らない素材とかの方がいい。
 ランダム要素も増やして…と要望を考えてるとぼくの考えた世界樹3になってしまうのでやめます。

■一筆斎さんとこでピカソ風の絵が描けるサイトが紹介されてたので試してみたよ。

まうまうできたよー。
http://www.mrpicassohead.com/canvas.html?id=5b65506
まうすさんの電気ねずみ。カクカク。
http://www.mrpicassohead.com/canvas.html?id=c1f0036
きとさんのまうまう。組み合わせ次第でかわいいのもできるんだと気付く。
http://www.mrpicassohead.com/canvas.html?id=0b54139
まうすさんの時代の流れに逆らえなかったピカソ。限られたパーツでここまで。
http://www.mrpicassohead.com/canvas.html?id=9eae00d
この形は目に見えるお!と思いつきだけで。
http://www.mrpicassohead.com/canvas.html?id=b6bad04

■拍手返事。

>4:22 そういえばボンバーマンオンラインJAPANとかいうののクローズドβやってますね 
>4:23 裸部の方でまたやってるかたとかいらっしゃるのかなー ハドソンがんばってます! 

もう一生分やったんじゃないでしょうか。ファミコン時代からそんなに変わるもんでもないですしね。
前のボンバーマンを何年もやってたのに不具合?でβテスト中止とかハドソンもっとがんばれ。

>18:56 http://hituzigumo.com/products/teikoku01/ 
>18:57 CVカネサダがいいです。 

それのことはすっかり忘れて傷も癒えてたのに…Sが多いですね。

>13:56 今まで補足等、ありがとうございましたm(_ _)m (NC@charlotte HYS

閉鎖は残念ですがおつかれさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

間違っていたのは冨樫じゃない!世界の方だ!

■あんなところで中断だなんてひどい。

■ファミコン音楽探していてMOTHERの音楽聴いたら紅茶とマドレーヌで失われた記憶が呼び覚まされるかのごとく
すっかり忘れてたゲームの内容も思い出しましたよ。昔聴いてた音楽って当時の気分まで思い出すよね。
↓教えてもらった演奏うまい。何故か頭にファミコン乗せてますが他の動画ではSFCも乗せてました。

GBA版は「イヴがさいごにうたうとき」のくだりが変わってるとか。あれがあるから登場した瞬間に運命がわかるのに…。
しかしあのマジカントでヒントの歌つくった人は結果的に自分たちの世界を消してしまう手助けしたんだよね。
そう考えるとGBのゼルダの伝説夢をみる島と同じなのか。8つのメロディ=8つの楽器を集めるという冒険の結果、
自分を無条件に助けてくれた楽園を喪失して少しだけ大人に成長しましたと。もう戻れないけど思い出は残るよと。
何で今更こんな古いゲームを語ってるんだろう…世界樹2はまだ24階です。魔眼と魔竜が邪魔です。

■世界樹の迷宮2スーパー・アレンジ・バージョンのジャケット大きい画像もあった。

http://japan.gamespot.com/goods/story/0,3800076397,20372989,00.htm

■まうす先生がestrangementのジャケットを。ポストカード絵もあったよ。

http://www.edit.ne.jp/~shira/3rd_single/estrangement/
http://www.geocities.jp/mouse11sai/

■拍手返事。

>10:04 ピクシブも便利ですけど、人が多くなったという理由でやめる絵描きさんも多いので 
>10:05 そういう人はサイトでこっそり…という風潮になってくるのかもしれません!だからやめないでください><

いつの間にやめるなんて話になってるんですか…しかしpixivはお気に入りの人の新しい絵が自動的に一望できる上に
その人のお気に入りからどんどん辿れるので閲覧するにも発信するにも便利ですね。専用ブラウザとかないのかな。
まあみんながpixiv中心になれば便利なのに!って考えもあれば統一された規格に当てはまりたくない人もいるでしょう。
関係ないけど他人のパーソナルタグ見てて何となく「イチジクのタルト カブト虫 ドロローサへの道」とか入れました。

>0:02 いつもサイトを見にきてます。自分も紹介してくれるように絵を描くの頑張りたいです。はやく見つけてーww

こりゃ見つけ出すまでますますやめられなくなってしまったなハハ…的なちょっといい流れですがやめないんだからね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

監獄の誕生と懲罰装置

■今週のウシジマくんよかったな…まさか船橋に心動かされるとは予想してませんでした。
 読んでるだけで気が滅入ってくるサラリーマンくん編も次回最終回ですよ。11巻も出ました。

http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/solc_dtl?isbn=9784091818577

■ついったーの発言をかよ先輩に喋らせてみたよ→
 メルの物は俺の物!と勝手に絵を使ったら報酬として粘土(Travianの)くれと言われましたが無視しました。

■拍手返事。

>20:06 知っているかもしれませんがどうぞ。トラビアンのwikiです。 
>20:06 http://wiki.livedoor.jp/burauzage/d/Travian%A4%DE% 

切れてましたが多分他の人に教えてもらったところと同じかな。序盤略奪されまくった分発展が遅れがちかも。

>6:41 お世話になっております,芳乃弥生HP移転しましたhttp://neko.tree-apple.com 

わざわざありがとうございます。前サイトがなくなってしまってから追えてなかったのです。

>4:37 一読者です。 何ヶ月ぶりかに絵板に描かれた絵なんかでもいちいち取り上げられているのを見ると 
>4:37 絵描きさんがマイペースでやっていけないのではと心配になります。 

うーん、絵が描かれることにも更新していたとリンクすることにもそんなに重い意味を読み取るべきでしょうか?
隠しサイトっぽい、男子禁制っぽい、人を選ぶ趣味っぽい、構わないでくれ的オーラが出ている…なところには
配慮することもありますが、ふつうに描いてる方にそこまで気遣いするのは逆に腫れ物みたいで悪い気もします。
そういう可能性を考え始めると日記に絵が添えてあると教えるのも失礼かも…と際限がなく身動きが取れません。

絵板以外のコンテンツがない場合、久々に生存報告な絵が描かれると備忘録的にリンクすることもありますが、
その人が見られていることを意識してそれ以降に描きづらくなってしまうという考え方もできれば、
間があいたのにまだチェックされていて好感を持った…と肯定的に受け止められる可能性もあります。
どう受け止められているかの指標としてリンクしてくれた方はある程度歓迎してくれていると解釈してます。

わりとマイペースに運営されてるサイトが、あまり文脈を理解してない場で「晒される」みたいな場合に
心配に…という心情ならわからなくもないです。目立つほど非常識でなければ大人なら大丈夫でしょうきっと。

>21:42 かねさださん、いつもありがとうです!貼って頂く前は訪問数五千にも満たないサイトでしたが、 
>21:44 訪問者数も増えまして、大変感謝しております。それでですが、今度モバゲーのキャラデザをさせて頂くこと 
>21:47 になりましたので、また完成後ご報告させて頂きますね。ありがとうございました!モリノ

そう言っていただけると嬉しいです。良いと感じたことを他の人にも良いと伝えたい、そういうのが結果的に
描き手の方にも喜ばれる…誰も損をしない好循環ですよね。何か返事が優等生すぎますがそういう気分なんです。

>0:16 生まれ変われるまーでー!

春になるとふしぎな人が…とスルーしかけましたが前回の歌詞からの続きだったんですね…。
歌詞とか対談読むと監督はタイプ論でいうところの直観型っぽいですね。全体から捉えて枝葉が足りない感じが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »